2009年09月04日

認知症とは?

 認知症とは、通常の状態における認知力がゆっくりと完全に失われる様々な症状の集まりをいい、その症状は、脳の様々な器質的状態によって引き起こされます。そして、ほとんどの認知症は、回復させることが出来ません。
 
 認知症を引き起こす病気としは、アルツハイマー病、脳血管性認知症、れビー小体型認知症、パーキンソン病、前頭側頭型認知症、ピック病、ウェルニッケーコルサコフ脳症、クロイツフェルトーヤコブ病、運動ニューロン疾患、ハンチントン舞踏病、HIVなどがありあます。




posted by あやにゃ at 12:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 認知症スタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

2009年介護報酬改定

今、光回線を申し込むと、
もれなく5,000円キャッシュバック+工事費0円(東日本)など、お得なキャンペーンを実施中




2009年介護報酬改定の基本的な考え方

 すでにニュースで報道されているとおり、今回の介護報酬改定は、介護保険制度施工後、初めてのプラス改定となりました。過去2回の改定は、いずれもマイナス改定でした。
 まずは、今回の介護報酬改定に至った基本的な考え方について、簡単に触れます。


■人材確保と処遇改善

 今回の介護報酬改定の最も大きな狙いは、「介護従事者の人材確保・処遇改善」です。これは介護従事者の離職率が高く、人材確保が困難であるという状況を踏まえてのことです。今回の改定に先立ち、2008(平成20)年10月30日に、政府・与党において介護報酬の改定率を3.0%にすることが決定されていました。

 介護報酬改定率=3.0%(在宅分1.7% / 施設分1.3%)


■医療との連携や認知症ケアの充実

 高齢者が住みなれた地域で自立した生活を続けるためには、医療と介護の継ぎ目のないサービスが必要不可欠です。今回の改定では、訪問介護の充実や、居宅介護支援における入院・入所時や退院・退所時などの評価を図ります。
 また、介護療養型老人保健施設では、療養病床からの転換が円滑に進められるよう、評価の見直しを行います。
 認知症ケアについても、以前から言われている重要なテーマです。認知症ケアの質の向上を図るために、認知症行動・心理病状への緊急対応や若年性認知症の受け入れへの評価、認知症患者へのリハビリテーションの対象拡大と専門的なケア提供体制の評価などを行います。そして、居宅介護支援や訪問介護では、認知症高齢者へのサービスの評価を行います。


今すぐ、プロバイダー『(突破!)Toppa!』で受験合格!
フレッツ光回線、同時申込可能!



■効率的なサービスの提供や新たなサービスの検証

 介護サービス事業を安定して供給するためには、サービスの質を確保しながら、人員配置基準などの見直しをする必要があります。具体的には、訪問介護事業所のサービス提供責任者の常勤要件、夜間対応型訪問介護事業所のオペレーター資格要件などです。
 また、2006(平成18)年度に新たに導入された新予防給付や地域密着型サービスなどについても、より適切な評価がなされるように見直しを行います。



posted by あやにゃ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

介護報酬改定のポイント

 2000年にスタートした介護保険制度。5年ごとに制度が見直されていますが、ご存知のとおり、過去2回の改定では、いずれも介護報酬が引き下げられました。特に、前回の2006年の改定後は、他の業界への人材の流出が顕著になりました。人材の確保は、多くの事業所が抱える問題です。そして「コムスン・ショック」に代表されるように、良くも悪くも介護の現場に多くの注目が集まりました。
 今回の改定は、介護職員の処遇改善が叫ばれる中で議論が進みました。ニュースなどで報道されているとおり、初のプラス改定となり、多くの「加算」が新設されました。そのため、どのようなケースが加算に該当するかを知っておく必要があります。
posted by あやにゃ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

10月に郵便局が民営化されます

10月1日、日本郵政公社は民営化、
「郵便事業株式会社」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険株式会社」の4つに分社化されます。
郵貯や簡保は今後どう変わるのでしょう。

郵便貯金については、通常貯金通常貯蓄貯金は、
ゆうちょ銀行に引き継がれ、通帳・カードも利用できます。
ニュー定期の自動継続や
オート定額・定期の自動積み立てや取り扱いできなくなり、
10月以降の自動積み立てはゆうちょ銀行への新たな申し込みが必要。
積立貯金・住宅積立貯金・教育積立貯金への新規申し込みはできません。

郵便貯金の元本と利息は政府が保証していましたが、
ゆうちょ銀行の商品に政府保証はありません。
民間銀行同様に元本1000万円までとその利息が、
積立保険制度により保障されます。
預入中の定額貯金やニュー定期は民営化の際、
郵貯・簡保管理機構に引き継がれ政府保証が継続されますが、
預入限度額は両者の貯金を合わせて1000万円です。

簡易保険に関しては、
加入中の簡保契約や郵貯・簡保管理機構に引き継がれます。
請求書等の手続きは郵便局で取り扱い、
政府保証も継続。
民営化後はかんぽ生命の保険商品に加入し、
過去の契約と合わせて1000万円が加入限度です。
注意したいのは既契約の見直し。
減額や払い済み保険への変更は可能ですが、
増額や特約の変更・付加はできません。

民営化せれれば、
ゆうちょ銀行やかんぽ保険は他の金融機関と横並び。
投資信託の種類や販売拠点が増えるでしょうし、
貯金や保険の限度額がなくなる可能性もあります。
窓口の統合や、
ATM利用手数料の有料化もあり得ます。
告知だけで加入できる、
かんぽの特徴が変質するかもしれません。






posted by あやにゃ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

介護福祉士試験問題96&解答

13回試験問題 障害形態別介護技術


問題96  精神障害者及びその介護技術に関する次の記述のうち、
       適切なものの組み合わせを一つ選びなさい。


A 精神障害者の多くは、
  周りの人に病気のことを知られることに不安を抱えているので、
  介護従事者は病気について知らない方が援助しやすい。

B 介護従事者が精神障害者を訪問した際、
  硬い表情で拒んでいるように見えるときは、
  言葉かけをしないで帰る方がよい。

C 精神障害者の場合には、
  病気を否定する気持ちと、
  自信や充実感を持てないことに葛藤していることがある。

D 精神障害者は無理して仕事を成し遂げようとすると、
  症状が悪化したり、
  充実感を得るよりも挫折体験となることがある。


1 AB
2 AC
3 AD
4 BC
5 CD








大手有名企業への近道は
「ジョブオールスター」




問題96  解答 5


A  ×

精神疾患及び症状を理解することは、
適切な介護実践につながる。
介護者は、
精神障害者の理解を深めると同時に、
秘密保持に努めなければならない。

B  ×

硬い表情のときには、
症状の悪化、
家族とのトラブル、
前回の介護への不満などの要因が考えられる。
慎重な対応が必要であり、
日をあらためてもよいが、
言葉かけをしないで帰ることは不適切である。

C  〇

精神障害者には病識がないといわれている。
病気を否定する気持ちがある反面、
自信や充実感が持てないため葛藤していることがある。

D  〇

精神障害者は、
無理に課題を達成しようとすると、
過度の緊張状態が続き、
病気の再発につながる。
充実感より挫折体験となることがある。










介護福祉士試験問題95&解答

13回試験問題〜介護技術・障害形態別介護技術


問題95 頸随損傷者がよく使用する用具のうち、
     適切でないものを一つ選びなさい。


1 コップホルダー
2 じょくそう予防用マット
3 収尿器
4 柄長スプーン
5 ポケット付きカフベルト









問題95  解答 4


1  〇

頸随損傷者には、上肢の麻痺があり、
握力が低下する。
コップホルダーを利用することが適切である。

2  〇

頸随損傷者は四肢の麻痺や運動障害が残る。
さらに排泄のコントロールも困難なため、
じょくそうの発生しやすい条件が揃っている。

3  〇

排泄のコントロールが困難であるため、
収尿器を活用することが必要である。
また、
尿路感染を起こしやすいため、
手圧などを利用して残尿量を減少させる。

4  ×

柄長スプーンは、
関節拘縮のためにうまく口に運べないときに適している。
パーキンソン病や慢性関節リウマチなどの場合に有効である。

5  〇

ポケット付きカフベルトは、
カフベルトの手関節背屈側にポケットが付いており、
スプーンやフォークを固定する。
手関節の運動機能障害がある場合に適している。








ブログで企業に対する意見や感想を書いて?企業からおこづかいが貰える?



介護福祉士試験問題94&解答

13回試験問題〜介護技術・障害形態別介護技術


問題94 視覚障害者に関する次の記述のうち、
      適切なものに〇、
      適切でなにものに×をつけた場合、
      その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさい。



A 視覚的情報を利用できるロービジョンの人にとっては、
  文字でのコミュニケーションができる人もいる。

B 高齢の視覚障害者お移動を介助する場合は、
  車いすを利用した方が安全でよい。

C 白杖は視覚障害者の足先の安全を確認するとともに、
  身体のバランスをサポートする機能を併せて持つ歩行補助具である。

D 65歳以上の視覚に障害がある人でも、
  年齢や原因にかかわらず身体障害程度等級表に該当すれば、
  身体障害者手帳は交付される。












問題94  解答 3


A  〇

ロービジョンの人には、
中心視力の低下や、
白内障や角膜混濁によるものなど、
さまざまなタイプがある。
文字でのコミュニケーションができる人もいる。

B  ×

高齢の視覚障害者であっても歩行機能に障害がなければ、
移動介助は歩行支援であることが望ましい。
残存機能の活用は、
介護の基本である。

C  ×

白杖は、
身体のバランスをサポートするものではない。
白杖には知覚を補助する機能があり、
足元の安全確認や点字ブロックの識別などに必要である。

D  〇

視覚に障害のある人は、
年齢や原因にかかわらず、
身体障害程度等級表に該当すれば、
身体障害者手帳が交付される。












2006年11月05日

援助の意味を考える

当初のヘルパー教育のなかで
「できないことをお手伝いする、援助する」
ということが最大公約数の形で語られてきたと思います。
それが間違っているとは思いません。
身体障害・高齢者・精神障害者の方たちへの援助を通して、
その特性で対応が異なるが、
その方たちがそれまで送ってきた生活を支えるという意味では
基本はまったく変わらないと考えるからです。

しかし、
援助のなかで、
「ヘルパーが来ない日も、
その方が不便を感じないよに、
全てをお膳立てすること」を求められてきています。
措置時代は週1〜2回というのが標準でしたから、
利用者が生活に困らないようにしておく、
ということは
「命を守る」ためにも必要なことでしたが、
そこに「ヘルパーの援助がなくても、
その人が生活を支障なくしていく」という視点は弱かったと思うのです。

利用者が在宅で生活することのリスクも引き受け、
ただ援助を受けるのではなく全体的に生活できるように援助すること。
そのためには、
一つひとつの行為に本人の参加する視点を取り入れて考えていくと。
その過程で援助目標は、
単に提供者だけの考えではなくなり、
利用者本人とも共有することができるようになります。
そして、
ホームヘルパーは自分の行う援助の意味を見出せるのではないでしょうか。







ココロもつながるオンラインゲーム『@games』
 無料ゲームがもりだくさん!

posted by あやにゃ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格取得に役立つテキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

様々な形の訪問介護計画書

介護保険法のケアプランについては、
報酬単価が設定されていることもあり、
その書式は全国で統一されています。
しかし、
各個別援助計画書については介護報酬も設定されていないこともありますが、
訪問介護計画書を初めとして、
様式は各サービス事業所にまかされています。
この様式が統一されていない理由は、
そこにその事業所ごとの理念が表されるからともいわれています。
しかし、
このことが「訪問介護計画」の実態が様々になってしまっている一つの原因でしょう。

今、
それぞれの事業所で使用されているものは、
現場で実践するなかで徐々に考察を重ねて作られたものです。

各事業所で作成されているアセスメント表や訪問介護計画書は、
様々な工夫がされています。







【 無料.com 】今なら当選確率2倍 簡単登録→即抽選→1000万円&豪華商品GET!

posted by あやにゃ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格取得に役立つテキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

様々な形の訪問介護計画書

介護保険法のケアプランについては、
報酬単価が設定されていることもあり、
その書式は全国で統一されています。
しかし、
各個別援助計画書については介護報酬も設定されていないこともありますが、
訪問介護計画書を初めとして、
様式は各サービス事業所にまかされています。
この様式が統一されていない理由は、
そこにその事業所ごとの理念が表されるからともいわれています。
しかし、
このことが「訪問介護計画」の実態が様々になってしまっている一つの原因でしょう。

今、
それぞれの事業所で使用されているものは、
現場で実践するなかで徐々に考察を重ねて作られたものです。

各事業所で作成されているアセスメント表や訪問介護計画書は、
様々な工夫がされています。







【 無料.com 】今なら当選確率2倍 簡単登録→即抽選→1000万円&豪華商品GET!

posted by あやにゃ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格取得に役立つテキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。